にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

猫と一緒にルンルン在宅介護♬

高齢の両親の在宅介護と癒してくれる猫から感じた嬉しかった事などを書きます Count Your Blessings

食欲ない?ん?

父より私学共済の年2回の提出書類の書き方について説明を受けた。

 

何回目?笑笑

 

万一僕が書けなくなったら書いてもらわないといけないから、と。

 

はじめて聞くかのように、

わかったよ!大丈夫だから。と返事した。

 

封筒に年月日、内容をきちんと書いて、提出する前にはコピーもとってある。

 

今年は何年だったっけ?

 

どんな字だった?

 

記憶が薄れてきてるのだが、書くことを諦めずきちんと書いておこう、という姿勢に

父らしさを感じた。

 

なんか食欲がないんだ〜と、

 

きんつばを食べながら父が言った。

 

横で母はお腹を抱えて笑ってる。

 

目もしぼんできたんだ〜と。

 

母は必死に笑いをこらえている。

目がしぼむんやって!笑笑

 

で、

 

足の裏が痺れる〜と。

接骨院の先生に診てもらいたい、と。

 

んー

どのくらい痺れるの?

 

痛いわけではないらしい。

どう対応したらいいかわからず、

とりあえず内科の主治医の先生に聞いてみるようと伝えた。付き添いできないので母に頼んだ。

 

食欲ないといいつつ、きんつば食べて、羊羹食べて、タピオカは噛めなかったけど、、、

 

父の様子をどこまで真に受けて対応すればいいのやら。

 

食欲ないといいつつ、死んだ方が楽だと言いつつ、美味しいおやつを食べれて感謝やわ😊

 

色々きんつばあるけれど、

私は中田屋さんのが好き。

美味しい〜

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きんつば中田屋 きんつば KN-27
価格:2916円(税込、送料別) (2019/9/16時点)


 

 

 

パタカラパタカラパタカラ…

93歳の父は毎日夕食前に必ず

指折り数えながら

パタカラ パタカラ パタカラ…と繰り返し10回言ってから夕食スタート。

母と私は父がちゃんと言えるように

一緒に

パタカラ パタカラ…

母も私も父の様子を見ながら、特に口元の開き具合を確認する。

衰え防止の口の運動かなぁ?

母のススメでずーっとやってる。

 

今日、又足が痺れるので接骨院に連れて行って欲しい、と言われたが、私が次の土曜日、仕事休みの日にマッサージしてあげる事にした。

父は夕食前に五分ほど散歩して帰って来た。

左足が痺れる、というので触ってみたら膝あたりが冷たかった。足の裏はあたたかいのに。

血行不良かなぁ。触ってよく見ると骨の形が異常。年老いたせいで仕方ないのだろうけど、

色々な症状が出て、本人は気になって仕方ない様子。

原因などさっぱりわからないが、父の気持ちに寄り添って話したり、身体をさすってあげたりすることの必要性を感じた。

 

今日も母から手渡されたハルメクに載っていた体操のページを開き、壁に両手をついて体操もどき?をしている父。

運動不足解消のために、やる気が出てるみたいで嬉しかった。

 

父の少し冷たい膝のために、母がかつて使っていたサポーターを父に渡してつけてもらった。

効果があるといいなぁ。


 

 

おじいちゃんのお気に入りの靴

その日はいつものように父はベッドの上にあぐらをかいて大きな拡大鏡で雑誌を読んでいた。

 

何を読んでるのかのぞいたら、歩きやすい靴の紹介の記事だった。

 

そういえば、先日眼科に行った際に、待合のソファから立ち上がって、視力を測る部屋に行く途中、つまづいて転びそうになり、冷やっとしたのを思い出した。杖があったからこけなかったものの、やはり靴も検討しなあかん、と思っていたところだった。

 

で、パパの歩きやすい靴、探さなあかんね〜

 

と声をかけて夕食の支度をしにキッチンへ。

 

パパごはん出来たよ〜

 

父がテーブルについて

 

靴がいるからみてたんじゃない

今履いているのが履きやすく歩きやすくていいんだ!

 

と。

 

ママが定期購読している雑誌 ハルメク を見てただけだから。

 

と。

 

父の履いているのは一世を風靡した

クロックス。

父が入院中に病院用に買ってきたものだ。

ちょっとサイズが大きいけど、まぁ気に入っているのならコレでいいかなぁ、と思った。

 

私も職場の上履きにクロックスを使っている。

やっぱり

いいものはいいね😊

 

おじいちゃんが好きなのがクロックス

なんか笑える。

 

昨晩も睡眠導入剤余計に飲まなくても寝れた、とのこと。

良かった。

 

 

 


 

 

黒糖タピオカミルクティ

なかなかデイサービスは見つからない。

おじいちゃん、おばあちゃんは

デイサービスの代わりに週に一度、2人で近くの喫茶店に出かける事にした。

 

先日早速実行!

おじいちゃんはコーヒー

おばあちゃんは食べたかった宇治金時かき氷

 

足元が心配だったが、

何とか行って帰って来れた。

 

良かった〜

 

次の日もおじいちゃんは1人で喫茶店に行ってコーヒーを飲んで来た、とのこと。

 

そして今日、いつものように夕方実家に行ったら父は留守。

 

どこへ?

 

と思ってたら近所を散歩してた、とのこと。

運動不足を指摘したので、本人も頑張ろうと思ってくれてるようだ。

 

よしよし、ちょっと安心。

 

2人の夕食準備をする前に、今日は娘とおばあちゃんのために、今流行りのタピオカミルクティを作った。

 

業務スーパーで冷凍タピオカ発見!

 

娘に聞くと、都心では売り切れ続出だそう。

おばあちゃんの家に黒糖があったので黒蜜を作り、黒糖ミルクティにした。

湯がいたタピオカを黒蜜につけておくだけで

しっかりタピオカに黒蜜の味がついてた。

 

美味しいやん!

f:id:meichancat:20190907224413j:image

 

 

京都も大阪も並んでるし、おばあちゃんに並ぶのは無理やから、と思って初めて作ってみた。

こんなに簡単にできるなんて!

又買って作ろう!

おばあちゃん、喜んでくれて良かった😊💕


 

 

 

 

聞き役

f:id:meichancat:20190831141103j:image

つくづく猫を飼っていて良かったと思う。

ありがとう、メイちゃん!

誰もいない家に帰って来た時、玄関に入って

 

メイちゃんただいま〜

 

リビングで荷物をおき

 

あ〜疲れた

 

とソファに座ると鈴の音が聞こえる。

 

トントントン…

 

2階からメイちゃんが降りてる。

ごはんが欲しいからだとわかっていても

私を待っていてくれたようで嬉しい。

 

ニャン!ニャン!ニャン!

 

大きな声でおしゃべりするように鳴くので面白い。

 

夜寝る時、ベッドで先に寝て待っている。

鼻詰まりのためプープーという音と喉を鳴らすゴロゴロが入り混じった音がしばらく続く。

主人と私の間にお腹を出して

ビヨーンと伸びて寝ている。

ふわふわのお腹を撫でながら

明日の行きたくない仕事への気持ちが落ち着くことを願う。

 

いっぱい色々聞いてくれてありがとう!

父 おじいちゃんは私に

 

あんたとこの子どもは誰だっけ?

 

孫2人の名前が出てこないのね。

悲しいけど仕方ないね。

 

私と同じように犬や猫に話しかけてる人たち多いだろうなぁ。

ペットセラピー 確かに効果があると感じた。

膝裏ストレッチ

あんなに落ち込んでた父が昨日はケロッとしていた。

 

運動不足で調子が悪いんやと思う。

と告げた。

 

私自身色んなこと考えて眠れなくなり職場を早退。落ち着いて、何が父に必要なのかを考えた。

 

やっぱり、諦めていたデイサービスも再検討しよう。

運動療法をやってるデイサービスを探してもらうようケアマネさんに頼んだ。

 

介護施設がやってるカフェに行こうかと思ったが、母が反対!

絶対パパには合わへんわ。

知ってる人が行っておられるそうで…行ってはるメンバーも知ってるし、タイプが違いすぎるからダメだと。

 

残念!

ママが言うならほなあかんね。

 

という事で、

涼しくなってくるやろうし、父母2人で週に一度、どこか喫茶店に行くことに決まった☕️

実行してね!

運動不足の解消になるといいなぁ。

 

あと、母の勧めで

膝裏ストレッチを母が父に教えた。

丁寧にね〜 と母

耳の遠い父にどこまで聞こえているかは不明だが、2人で向き合ってお互いに自分の足をさすりながらやっていた。

微笑ましい光景だった😊

f:id:meichancat:20190831094951j:image

その後、拡大鏡で母から手渡された(膝裏ストレッチ)

の本を隅々まで読んでいた。

毎日変わる父の様子

今朝は眼科の付き添い。

 


 

 

 

寝る前のお薬

今日の父は少し生きる気力を無くしたような様子だった。

 

寝る前に飲むお薬

9時に眠くなるので飲むんだが、最近夜中過ぎ1時頃にまためご覚めるから飲んで寝るんだ、と。

 

えーっ!!

 

勝手に2回も飲んで大丈夫?

飲まないと眠れないから、医者に聞いてみる、と。もう30年も飲んでるし、これを飲んでるから生きられてるんだと思う。やめたいなぁ、と。もうしんどいんだ、と。

 

戦中派、大正生まれの父。

友だちも後輩も天国に行ってしまったから

父の思いもわからないわけではないけど。

うーん。

複雑などうしてあげたら良いのかわからない気持ちになった。

 

地元の敬老会の案内のチラシをみて、一緒に父母と3人で行こうかと思ったけど、

よくよく考えて気づいたのだが、

父の世代は誰もいない。70代の人とは世代が違う。敬老会と一括りになっているが、思い出として残っている事に世代間ギャップがある。

 

足の裏が熱いことに、今日は触れなかった。

寝る前に飲んでるアモバン

副作用が心配だ。